差し歯(義歯) | 住吉区あびこ駅上のたんぽぽ歯科クリニックは、平日・土曜22時まで診療しています(日曜20時まで)

差し歯(義歯)

ホーム > 治療内容 > 一般歯科 > 差し歯(義歯)

歯の治療に使う差し歯の種類について

白い差し歯

オールセラミック 金属による補強の必要がない高強度セラミックで製作します。金属を使わないので、歯本来の持つ透き通るような美しさを持ちます。また、はぐきが黒くなりづらく、アレルギーを引き起こしにくい性質も持ちます。変色や、すり減りも非常に少ない素材です。
メタルボンド 補強材料として内部に金属を用いますので、非常に強度がありますが、オールセラミックに比べて、若干歯の透明感が少なくなる従来型です。プラスチック製に比べれば、透明感や耐久度に優れており、変色や、すりへりも非常に少ない素材です。
ハイブリッド プラスチックとセラミックを合わせたハイブリッドタイプ素材を用います。セラミックほどではありませんが、保険で用いるプラスチックよりも強度があります。金属の補強を使用する場合と、ハイブリッド素材のみで製作する場合があります。
プラスチック プラスチックのため、他の材料と比べて、色やにおいがつきやすく、削れやすい特徴があります。色もセラミックタイプと比べると劣ります。金属の補強を使用する場合と、プラスチックのみで製作する場合があります。

金属の差し歯

金歯 生体親和性に優れた「金」を主成分とした素材で作成します。とても粘り強い材質のため、奥歯等に使用しても長持ちしやすい性質があります。化学的な安定性も強く、変色に強い特徴があります。
銀歯 「銀」を主成分とした素材で作成します。変色には若干弱く、だんだんと黒ずんでいく可能性があります。生体親和性は「金」を主成分とした材料に比べて劣ります。強度的には問題ありません。
レスポンシブウェブデザイン