歯科口腔外科 | 住吉区あびこ駅上のたんぽぽ歯科クリニックは、平日・土曜22時まで診療しています(日曜20時まで)

歯科口腔外科

ホーム > 治療内容 > 歯科口腔外科

歯科口腔外科

親知らずを抜くほか、智歯周囲炎・顎関節症・顎顔面外傷・顎変形症・歯ぎしり・いびき マウスピース作成等の施術を行ないます。

一般的な歯科治療に先行して行なわれる、骨や粘膜に対する治療 など、その範囲は非常に広いものとなっています。

親知らず・智歯周囲炎

親知らず

第3大臼歯、智恵歯とも言われます。正しい位置に生えて健康な場合は抜く必要はありませんが、骨や前の歯にぶつかったりして歯肉の中に埋もれたままである場合が多く見られます。また、すでに他の歯で顎骨はがふさがっているためにスペースがなく、一部のみが歯肉の外へ現れる場合もあります。部分的に生えた歯は横に傾くことが多く、隣接する歯にダメージを与えます。

歯のクリーニングのためだけでなく、永久歯の状態を見守るためにも、定期健診が重要です。当クリニックでは、口腔内の診査およびX線写真をもとに親知らず歯の状態を把握し、抜歯すべきか否かについて検討します。

智歯周囲炎

親知らずの一部が口の中にあらわれている状態になっていると、歯と歯肉の間に深い袋状の隙間ができます。そこに細菌や食べかすがたまると炎症を引き起こします。

初期症状では親知らずの周りが腫れて食事中に痛む程度ですが、悪化すると痛みが増し、発熱する可能性が有ります。さらに別の病気を誘発する恐れもあります。

親知らずは17歳~21歳の頃に生えてきます(個人差はあります)。寝不足など体力が低下していると起きやすくなります。症状が悪化する前に一度ご相談ください。

ページトップに戻る

顎関節症候群など

顎関節症

「あごがコキッ、ポーン、ガリッと音が鳴る」「あごが痛む」「口が大きく開かない」など、あごの関節に発生するなんらかの異常を総称します。軽症から重症、症状の原因など様々ですが、「頻繁な頭痛」や「耳鳴り」も、顎関節症の咬合異常の可能性があります。

症状を放置すると体全体のバランスがおかしくなり、腕や骨盤の筋肉にまで影響が及ぶ可能性があります。

頭痛や顔面の筋肉の疲労感など他の診療科目の医院を受診されても異常が出ない場合は、歯や顎関節に原因があるかもしれません。以下の症状・兆候に心当たりがある方はご相談下さい。

  • 額関節の動きに伴うはっきりとしたノイズの発生(コキッ、ポーン、ガリッなど音がする)
  • 顎を完全に開ききる際の痛み
  • 開口範囲の制限
  • 歯の食いしばりや歯ぎしり
  • 顔面の痛みや顔面の筋肉の疲労感
  • 耳の感染症が原因ではない耳の痛み
  • ときおり一時的に顎が「開いたまま動かなくなる」ようなロッキング現象
  • 耳鳴り
  • 頻繁な頭痛

顎顔面外傷

自己やスポーツによる顎顔面の外傷、骨折等の治療を行います。

顎変形症

上あごや下あごの大きさや位置などの異常で、顔面の変形や噛み合わせの異常がある場合を顎変形症といいます。噛み合わせ異常の矯正治療でも、顎変形症治療は保険が適用されます。

ページトップに戻る

歯ぎしり

多くの患者さんは、自分が歯ぎしりをしていることに気がついていません。それは歯ぎしりをするのは就寝中が圧倒的に多いためです。歯ぎしりをしていると、朝目覚めたとき、鈍い頭痛や歯痛、顔の痛みなどを感じることがあります。歯ぎしりはそのような不快感をもたらすだけでなく、歯のエナメル質を摩滅したり、ついには歯をグラグラにしてしてしまうこともあります。

歯ぎしりは性別や年齢に関係なく発生する症状です。いくつかの要因が考えられますので、以下の症状に心当たりがあり、歯ぎしりをしている方はご相談ください。

歯ぎしりの主な原因

  • ストレス
  • 不正咬合
  • 歯の欠損
  • 睡眠障害
  • 悪い歯並び

ページトップに戻る

いびき

いびきは睡眠時に呼吸が部分的に閉塞されて生じる音です。いびきをかく成人は全体の1~3割にのぼり、子どもでもいびきをかくことがあります。そのすべてが、身体的な問題と関係しているというわけではありません。

しかし、いびきは快適な睡眠を妨げ、睡眠の質を大幅に低下させます。大きないびきは呼吸困難を招いたり、睡眠を中断させたりします。結果として一日中疲れを感じるようになります。

また、いびきは閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSA)の主要な兆候でもあります。これは死に至る可能性のある疾患で、睡眠時に何度も呼吸が停止します。酸素が欠乏するため夜間にくり返し目が覚めます。OSAの人は日中に激しい眠気に襲われるばかりか、高血圧や心臓発作、脳卒中などの発症のリスクが高いといわれています。

歯科ではいびきの治療として医療用マウスピース(マウスガード)の作成を行います。その他の治療との組み合わせが必要な場合もあります。

ページトップに戻る

マウスピース作成

いびき、歯ぎしりの症状にあわせたマウスピースを作成します。

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン